in

ベトナム市場

ベトナムは世界トップテクノロジー企業の目的地になるか。

「2019年度東南アジアデジタルエコノミー」に関する最新レポートによると、この東南アジアのデジタルエコノミーは今年1,000億ドルを超えて、2025年までに3倍になるそうです。概して、東南アジアの人々がハイテクに精通していて、特にスマートフォン利用が益々増えていくため、東南アジアは、最も成長しているEコマース市場の一つになると予測されます。

TopDev社(ベトナムのリクルーティングチャネル)の調査だと、2020年、ベトナム市場は、Eコマース、フィンテック、タクシー・バイクの呼び出す/フッドデリバリー、エドテック、ヘルスケアなどの重要な分野において、あまり成功していて、これらの分野の利用がよさそうです。

アップル社のRoxySexton様は「ベトナムのITC企業はアップル社のサプライ・チェーンに参加したいならば、お会いできるのを心構えて、ご協力機会をお聞き合わせていただく。」と言いました。現在、Samsung社は大手外国法人の一つで、ベトナムの経済発展に非常に貢献しているため、もしアップル社よりのご参加をいただくとは、2020年にベトナムの海外投資の波がより強くなると見られています。Samsung社だけは、今年、ハノイのR&D(研究開発)へ、更に300億ドルを投資すると発表しています。そうだと、テクノロジの4,000 マンパワーは必要になりそうです。

Hindustan Computers Limited (HCLテクノロジーズ会社) ーインドのトップIT企業の1つ、世界のアウトソーシング企業のトップ5ー はホチーミン市で開発センターをオープンしまして、次の5年間に10,000人のエンジニアが必要としています。それ以外、米国の主要なエグゼクティブテクノロジー開発会社の1つであるAxon Enterprise会社もホチーミン市で開発拠点が置いてあります。

近い未来は、ベトナムは世界の各トップテクノロジーグループの目的地になる可能性が高いかと思われます。

0

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *