in

Vietnam Offshore

ベトナムへの旅を体験、オフショア開発現場を視察しましょう。

ベトナムへの旅

ベトナムは近年、急激な発展を遂げていて、新しい魅力がある国だと言われています。 新コロナウイルスでの影響が少ないベトナムでは、健康的が安全で、東南アジアの中に物価が安いし、多くの世界遺産を持っている国のため、海外旅行に理想的な目的地です。 今回のツアだと、ホーチミン+ハノイ、ベトナムの2大都市をご紹介です。お客様のご要望により、3つのプランをオススメします。

?プラン1:ベトナムへの初旅は、やっぱりホーチミン+ハノイのプランをオススメ。

賑やかなホーチミンと、安らかなハノイ、定番の2所の観光地を滞在するプランです。それぞれの特色を感じて、ベトナムの旅で、大満足!

ホーチミンにきたなら、日帰りのメコン川ツアーをご案内します。メインイベントは「ジャングルクルーズ」で、小船にに乗って、まわりに植えているココナッツ木の間にゆっくり進んでいて、冒険気分が高まってきます。 それ以外は、伝統音楽を聴いたり、馬車体験したりなど、楽しい思い出がたくさん出るイベント盛り沢山です。

ハノイ観光は、ベトナムの北部で、ユネスコに世界遺産から自然遺産までと認めていただいた「チャンアン」(ニンビン省)をご案内します。 石灰岩の侵食された地形を見る、風光明媚な風景をゆったりと楽しむことができます。ニンビン省の名物・ヤギ肉グリルも、もちろんEnjoyできます。

◉コース日程:4泊5日

1日目

空路、ベトナム航空直行便にてベトナムのホーチミンへ。 ホーチミン空港ご到着後、現地係員がお出迎えし、ホテルへご案内します。 ホーチミンの繁華街ドンコイ地区で観光やお買い物になります。

2日目

観光バスで、メコン川へ向いて、メコン川観光を一日体験。

3日目

ホーチミンの各IT企業の視察。 ホーチミンより、空路国内線にて、夜便でベトナムの首都ハノイへ移動。 ハノイ空港ご到着後、現地係員がお出迎えし、ホテルへご案内します。

4日目

日帰りのチャンアンを観光。

5日目

ハノイ市内の各IT企業の視察。 ハノイより、空路ベトナム航空【直行便】にて帰国へ。

?プラン2:滞在時間が少ないが、美味しい食べ物を食べられるし、いい体験のツアーをしたい人には、ホーチミンをオススメします。 ホーチミンはベトナムの南部で最大都市です。街には、高層ビルが立ち並び、日本のブランドな店が次々にオープンされています。 特に、日帰りのメコン川ツアーをご案内します。ジャングルクルーズ、ニシキヘビを首巻き、蜂の巣箱を持つ、ココナツキャンディー工場の見学などいろいろな楽しい体験できます。

◉コース日程:2泊3日

1日目

空路、ベトナム航空直行便にてベトナムのホーチミンへ。 ホーチミン空港ご到着後、現地係員がお出迎えし、ホテルへご案内します。 ホーチミンの繁華街ドンコイ地区で観光やお買い物になります。

2日目

観光バスで、メコン川へ向きます。一日メコン川観光を体験。

3日目

ホーチミンの各IT企業の視察。 ホーチミンより、ベトナム航空【直行便】にて帰国へ

?プラン3:滞在時間が少ないが、ベトナムの北部の世界遺産を観光したい人々には、チャンアン(ニンビン省)をオススメします。  ハノイ空港から、バスで2時間かかり、紅河デルタ地方の南端に位置しています。ニンビン省はベトナム文化揺籃の地の一つであり、石灰岩質の岩山と水田が織り成す風景を小舟に乗って楽しむチャンアンが有名です。

◉コース日程:2泊3日

1日目

空路、ベトナム航空直行便にてベトナムのハノイへ。 ハノイ空港ご到着後、現地係員がお出迎えし、ホテルへご案内します。 ハノイ市内で観光やお買い物。

2日目

観光バスで、チャンアンへ向きます。 チャンアンの美しさを一日観光 。

3日目

ハノイの各IT企業の視察。 ハノイより 、ベトナム航空【直行便】にて帰国へ

それでは、旅を体験しながら、ベトナムのITオフショア開発を実施しよう!

❶なぜベトナムオフショア開発なのか。

ベトナムオフショア開発実績: ・ソフトウェアアウトソーシングのトップ6 (2017年Gartnerのオフショアサービス向けのリーディンググローバルロケーションレポートより) ・2017年A.T. カーニー・グローバル・サービスロケーション指数のトップ10 ・グローバル・オフショア・ホットスポットランキングで3位、コスト競争ランキングで1位(Tower Watsonの2013年サービスオフショアランキングより) 現在、日本や欧米などの発注元に比べて、インドや中国、ベトナムなどの発注先では、人件費が安いし、これらの発注先のエンジニアを活用し開発することでコスト削減ができると見られています。 ですが、ベトナムの方はインドや中国より人月単価がもっと安価です。また、ベトナムは親日で、考え方も日本人と似ている部分が多くあり、近年エンジニアの日本語能力の向上も重視しています。

❷なぜfuruCRM社のオフショア開発にするなのか。

・システム開発は、メンバーの一人一人は必要な技術提供とコミュニケーションによる円滑なプロジェクト進行を心がけ、常にチャレンジする事を忘れず、お客様の高いご要望にお応えしていきます。

・Salesforceは、コンサルティング、アドミニストレーター、デベロッパー、Integration ArchitectureデザイナーなどSalesforce認定資格を多数メンバーが在籍しております。 Salesforce関連のApex,VisulalPageだけなく、汎用なJava、.Net、Php、Html、Css、Jqueryなど高度な開発技術力を持っております。

➡ ➡ ️ツアーの詳しくはまず、furuCRM株式会社のホームページのお問い合わせからお願いいたします。

問い合わせフォームはこちら

0

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *