ベトナム人労働者は日本でトップ2位である。

近年、日本で働いているベトナム人が急激に増加しています。

「外国人雇用状況」の届出状況まとめ によると、国籍別の外国人労働者数で、トップ1位の中国の次はベトナムで、その数が316,840人だそうです。

なぜ、ベトナム人労働者が増えているのでしょうか。

まず、日本では少子化と高齢化が重大な課題として見られます。その原因からみると、国内の労働者が不足になっていると言うことで、それを解消するために、外国人受け入れの制度が整備された日本の企業は少なくありません。そこで、新たな働き手として注目されているのが外国人労働者です。中でも、ベトナム人を雇用している企業は多くあることです。

他にも、ベトナムはアジアの中で成長が期待される国であるVIPの国の一つです。1980年代の「ドイモイ政策」により以降、急速な経済成長を遂げており、ODAを奨励、外資参入規制緩和等、外資誘致にも積極的な姿勢を取ってきました。そこで、日本企業はベトナムに多く進出しています。ベトナム政府も技能実習生の送り出しをいち早く決めるなど、積極的に後押ししていることです。

さらに、ベトナム人は日本で評価が高いという理由の一つです。これは、一般的なベトナム人の人柄や仕事への姿勢が関係していると考えられます。ベトナム人は他国に比べ、向上心や向学心が高く、教育熱心な人が多い傾向にあると言われます。また、日本語は、2016年以降ベトナムの

Read More

Where条件のバリデーション

ワークフロー、プロセスビルダーのように条件分をバリデートするためにApexのトリッキーで実現できました。

String inputString = '(1 AND 2) OR 3'; //例
String regex = '[a-zA-Z()]{1,}|\\-';
String inputStringWithoutText = inputString.replaceAll(regex, ''); //条件分に含まれる数字以外をスペースで置き換える
String [] arr=inputStringWithoutText.split(' ');
for(String el : arr){
if(el.trim().isNumeric()){
inputString = inputString.replace(el.trim(),'Name=\'abc\''); //動的SOQLのWhere分を作成
}
}
System.debug('Select Name from Account where ' + inputString + 'limit 0' );
System.debug(Database.query('Select Name from Account where ' + inputString )); //try/catchで
動的SOQLを実行してみて例外が起きなければ入
Read More

【カマウ省~フーコック島間で5つ星高速船が運航開始】

フーコック・エクスプレス社(Phu Quoc Express)は11日、南部メコンデルタ地方カマウ省~同キエンザン省ナムズー島(Dao Nam Du)~同フーコック島を結ぶ国内最大級の5つ星双胴高速船「フーコック・エクスプレス」の運航を開始します。

この高速船は全長47m、幅12m超、定員600人で、カマウ省チャンバントイ郡ソンドック町(thi tran Song Doc, huyen Tran Van Thoi)のオンドック港(cang Ong Doc)を出発し、フーコック島のバイボン港(cang Bai Vong)に至る。また、船内には、背面に液晶モニターを搭載した座席などを完備しています。

片道の所要時間は約3時間。運賃は1人47万~98万VND(約2200~4600円)となっています。

これはカマウ省で初めての海・島を経由する観光ルートとなり、同省の経済・観光開発にも繋がるものと期待されています。

✈️ おまけニュース ✈️

【ベトナム航空、ビン~フーコック/ニャチャン線に就航へ】アーカイブス

ベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)は6月中に、北中部地方ゲアン省ビン市と南部メコンデルタ地方キエンザン省フーコック島および南中部沿岸地方カインホア省ニャチャン市を結ぶ新路線に就航します。

同2路線の就航により、ベトナム航空が運航する国内線は54路線となります

Read More

ベトナムは世界トップテクノロジー企業の目的地になるか。

「2019年度東南アジアデジタルエコノミー」に関する最新レポートによると、この東南アジアのデジタルエコノミーは今年1,000億ドルを超えて、2025年までに3倍になるそうです。概して、東南アジアの人々がハイテクに精通していて、特にスマートフォン利用が益々増えていくため、東南アジアは、最も成長しているEコマース市場の一つになると予測されます。

TopDev社(ベトナムのリクルーティングチャネル)の調査だと、2020年、ベトナム市場は、Eコマース、フィンテック、タクシー・バイクの呼び出す/フッドデリバリー、エドテック、ヘルスケアなどの重要な分野において、あまり成功していて、これらの分野の利用がよさそうです。

アップル社のRoxySexton様は「ベトナムのITC企業はアップル社のサプライ・チェーンに参加したいならば、お会いできるのを心構えて、ご協力機会をお聞き合わせていただく。」と言いました。現在、Samsung社は大手外国法人の一つで、ベトナムの経済発展に非常に貢献しているため、もしアップル社よりのご参加をいただくとは、2020年にベトナムの海外投資の波がより強くなると見られています。Samsung社だけは、今年、ハノイのR&D(研究開発)へ、更に300億ドルを投資すると発表しています。そうだと、テクノロジの4,000 マンパワーは必要になりそうです。

Hindustan Compu...

Read More

Việt Nam 5G ?? 国内初

Việt Nam 5G ?? 国内初✨

【ビンスマート5Gマホを発表 地場企業で国内初】

地場系コングロマリット(複合企業)のビングループVIC子会社のビンスマート(VinSmart)は6日、第5世代移動通信システム(5G)に対応するスマートフォン「Vスマート・アリス5G(Vsmart Aris 5G)」を発表しました。

地場企業が5G対応のスマートフォンの研究開発(R&D)・生産に成功したのはこれが初めてです。

「Vスマート・アリス5G」は中高級ブランドとして位置付けられ、RAMが8GB、メモリ容量が128GBで、米クアルコム社(Qualcomm)のマイクロプロセッサ「スナップドラゴン(Snapdragon)765」を搭載します。

また、6.39inchの大型画面、48MP・8MP・2MPのトリプルカメラ、20MPのフロントカメラ(セルフィーカメラ)、大容量4000mAhバッテリーを搭載しています。

なお、Vスマート・アリス5Gの販売価格はまだ明らかにされていません。

?おまけニュース?

【コロナ禍で自国製品購入の動きが加速 76%が自国製品優先】

米国の市場調査会社ニールセン(Nielsen)の調査によると、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響でベトナム人消費者の自国製品を優先する動きが顕著になっていると言います。

調査結果によると、「自国製品のみを購入する」と

Read More